緊急告知! 里親さん募集2011/09/20 16:03

飼い主さんが闘病のため里親・保護宅※募集


オーストラリア本キバタン 寿命50~100年
1997年7月ごろ日本生まれ 性別不明 現在神奈川

1998年2月に最初の飼い主が購入したがなつかず、6月に毛引きが始まり飼育継続できず、現在の飼い主が飼育。
毛引き治療は、投薬・エリカラなどで改善せず、鳥の負担を考え治療断念。
(鳥の医療は急激に発達していますので専門医で改善する可能性あり)

自咬も見られます。
現在、お世話人が入院しているためストレスより自咬(首から右胸、脇、翼裏)悪化。
流血していませんが、改善するまで消毒と塗り薬が必要。

攻撃性はありません。
オウム返しでない言葉をしゃべり、会話も楽しめ頭のいい鳥。



検診の結果)
体表、羽に、ノミ・ワクモ・ダニ・シラミの検出はなし。
糞便は良好で、原虫などなにも検出せず。 
血液採取を必要とする以下の検査はおこなっておりません。
DNA雌雄鑑別  PBFD検査 ポリオーマウイルス検査 パチェコウイルス検査 サルモネラ検査 クラミジア検査(オウム病)
内蔵疾患等も鳥専門医で詳細な検査をしないとわかりません。


排泄物は悪い所見はありません。 (下痢・消化不良・血便などの事)
10年以上閉鎖環境で暮らし、同室の鳥(オカメ・セキセイ等)の健康診断検査結果も良好でした。
輸送に関して現在問題ありません。御相談下さい。
なお、飼育法についてはじゅうぶん勉強し理解を深めてから応募して下さい。

フード:HappyHoliday's「カスタムラックス パロットブレンド」一般的オウムフード

※保護宅とは、里親見つかるまでの期間預かり(かかる費用もてる方)ですが、見つからない場合は終生飼育となり里親様と同様となります。

追記 血液検査は来月予定しています。
闘病のため臓器移植手術を行いました。
鳥は他の動物よりウイルスやカビなどを持っているため、免疫や抵抗力低い術後の身体では感染症により命を落とすこともあります。
「ドナーになって下さった方、そして承諾をしてくださった家族のためにも大切に生きたい。」
 
-----------------------

どうか鳥ちゃんも飼い主さんも一日も早く元気になって!

いい里親さんにめぐりあえますように!!

発信元は「箱うさのあたふた日記」さんです。

連絡は
hakousa@msv.imix.or.jp

へお願いします。

箱うささんのブログからもメッセージ送れます。


よかった~~・・・!!!2011/09/28 10:47

↓の記事の、里親さん募集ですが、
なんとお迎えが決まりました!

こんなにあっという間
すごい強運の持ち主にちがいない!!

手放す決心をされた元飼い主さまも、
引き取ることをきめられた新しい飼い主さまも
とっても重大な決心をされたと思います。
頭が下がります。

どちらのご家族にも、
キバタンちゃん本鳥さんにも
明るい未来がすぐそこまでやってきていますね!!

ほんとうによかった!

これからどんどん幸せになっていってくださいね!!!